速度を追求したコンテナ型仮想化基盤

一般的な仮想マシンを利用したタイプの仮想化基盤は、一台のハードウェアに異なるOSを載せて同時に動かせるという利点を持ちますが、同時に異なるOSの挙動を実現するために仮想マシンにかかる負荷が大きいことや、同じ有料OSを2つ動作させる場合でもそれぞれにライセンス料を支払う必要があるなどデメリットも存在します。
一方では、同一企業によるシステム開発であれば採用するOS、アプリケーションなどは開発者が扱いに慣れているものに統一されることが多く、異なるOSが動くというメリットを生かしきれないケースも少なくありません。

Yahoo!知恵袋の有益情報を見つけよう。

そのために新しい仮想化基盤としてコンテナ型という仕組みが登場しました。
コンテナ型仮想化基盤では一台のハードウェアにホストとなるOSをひとつインストールします。



そこにコンテナエンジンをインストールすることでホストOSが複数存在するような仮想化を行い、アプリケーションをそれぞれ独立して動かすことができます。
この方式ではOSは実質一種類であり、仮想マシンを挟まずにアプリケーションを動かせるため非常に高速に、少ないリソース消費で動作させることが可能です。

Nutanixの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

また、OSを含む共通として必要となる有料ソフトウェアも1ライセンスで済むみます。


ただし、コンテナ型の場合はホストOSのクローンを作成して動かすようなイメージのため、仮想マシン型とは異なり同時に動かせるのはホストOS一種類のみになります。

仮想マシン型、コンテナ型とも一長一短のため、システム開発の際はどちらを使用するか要件に合わせて念入りに検討する必要があります。